大人の和食器屋さんすい
Amazon Payでお支払いいただけます

織部焼マグカップ バンブー

おりべやき まぐかっぷ ばんぶー

一見斬新なデザインでも持ちやすい実用性、そして美しい織部釉の魅力的表情を持つマグカップです

 

まるで青竹を切り取ったような自然なボディに流れるように切り取られつけられた持ち手の斬新なデザイン。あまりに自然すぎて、まるで「コロンブスの卵か?」のような錯覚さえ覚えるほどですが、実は試行錯誤の努力のたまものなんです。

持ち手からボディへの流れるようなデザインは柔らかでしなやか、焼成前の土の「優しさの記憶」をとどめてくれているような印象を覚えます。

 

品名
織部焼マグカップ バンブーおりべやき まぐかっぷ ばんぶー
品番号
1-3940
サイズ
直径7.5~8cm×高さ8cm(持ち手は含まず)
重量
300g
容量
250cc
価格
2,400 (2,592円 税込)
商品特性上、サイズ・容量・重さに多少の誤差がございます

お取り扱いについて

電子レンジ
(温め程度)
電子レンジ
(調理)
×
食器洗い機乾燥機
オーブン×直火×

肌ざわり

なめらか

残りあと6個以上です

美しい織部ならではの表情

朝や午後のやわらかな光の中でこのマグカップをお使いになってみてください。 そのグラデーションの美しさに一瞬目を奪われると思います。 ともすると斬新なデザインに目が留まりがちですが、この釉薬の美しさは特筆ものです。

織部釉のグラデーション

釉薬の厚さが濃淡に素直に現れる織部釉の特徴も助けているのですが、飲み口や持ち手のエッジ部分の山吹色から畳付き脇の群青に近いような緑への変化は本当に味わい深いものです。

窯の中で流れてしまいやすく扱いが難しい織部釉を、ギリギリでとめる長年の経験と研究に裏打ちされた技術にも脱帽します。

味を添える貫入模様

よく目を凝らしてみると織部のグラデーションの中に細かなひび割れ模様を見る事ができます。

これはこのマグカップが焼かれて冷める段階で上の釉薬と素地との収縮率の違いで上の釉薬が割れてできる自然の産物で、ほとんどの土物和食器にあるものなのです。 ところがこの貫入がある事で、ともするとグラデーションだけののっぺりとしたテイストになりがちな表情が複雑な味わいのあるものに変化します。

一言でいうなら「おとなの魅力」、俳優さんが年月を経て獲得される、あの素敵な魅力みたいなイメージでしょうか。

右左どちらでも持てる実用的なデザイン

右手で持ってみました
左は指2本で
左で持ってデザートカップとして

元々は右手で持つ事を前提としているデザインなのですが、いざ使ってみると左でも意外に使えるなかなか優れもののマグカップなんです。

私はどちらかというと左手でマグを持つ事が多いのですが、輪の部分に指二本を入れると持ちやすく使いやすいです。左手で指1本を輪に入れては使えません。 お手がご不自由な方(軽度の障がいをお持ちの方)は、全体を握っていただくと指3本が入り楽に持つ事ができます。

ご存じのように、この持ち手は粘土が柔らかすぎず 固すぎないように、慎重に水分などの調整をして作られています。 柔らかすぎるとフニャリと変形してしまうし、固すぎると乾燥した時にヒビが入ってしまう。 そんな苦労を乗り越えて出来上がったデザインなのです。

「織部釉」と「織部焼」の違い

織部焼(おりべやき)という言葉は一般的な織部釉とは違います。 ご存じの通り茶人 千利休(せんのりきゅう)の弟子でもあった当時の武将 古田織部が好んで陶工に作らせた「織部好み」といわれる当時としてはやや奇抜なデザインの器の数々を示ようです。 赤織部・黒織部・志野織部など色彩もテイストも色々なのです。 私共が普段に使う織部は、その代表的な緑色の釉薬の品をさしています。

そのような意味でもこのマグカップの斬新なデザインは、きっと古田織部公もとても喜んでくださっているのではないかと思いたいのです。「織部好み」つまり「織部焼き」だから。そんな思いを込めて織部ではなく織部焼と名付けています。

 

 

このページの和食器コーディネート

流麗で使えるマグカップを通販で大切にお届けします

どんな事でもご質問大歓迎!店主や女将にお聞かせください


同じ大きさや形の和食器

SAME SIZE ITEM

Reviews

まだレビューがありません。

最初のレビューをお書きください。 “織部焼マグカップ バンブー”

織部焼マグカップ バンブー

おりべやき まぐかっぷ ばんぶー 2,400 (2,592円 税込) 残りあと6個以上です

お買い物ガイド

SHOPPING GUIDE

商品検索

PRODUCT SEARCH

カテゴリーで選ぶ

CATEGORY

色で選ぶ

COLOR

価格で選ぶ

PRICE

シーンで選ぶ

SCENE

サービスメニュー

SERVICE
和食器コーディネートのコツ 店主の和食器つれづれ話 女将のおもてなし

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

和食器の様々な知識やコーディネートのコツなど、店主と女将がクスッと笑える内容でお送りいたします。

月1〜3回の不定期発行で、時にはつい力が入ったり誤字脱字もなんのその。和食器に興味をお持ちの方々の知的好奇心にお応えしています。ぜひ登録ください!

空メールでのご登録はこちら

営業カレンダー

CALENDAR

実店舗のご案内

REAL SHOP INFO 実店舗のご案内 営業時間: 11:00~17:00
あくまで目安です。
状況により異なります。
閲覧履歴 × 閉じる

閲覧履歴 閲覧履歴