大人の和食器屋さんすい
Amazon Payでお支払いいただけます

赤絵線紋丼

あかえ せんもん どんぶり

テーブルにいるだけで元気をもらいそうな赤絵の丼 手描きならではの勢いのある絵と使いやすい絶妙なデザインが魅力の和食器です 

 

勢いよく描かれた赤絵に、どこかしらエキゾチックな雰囲気を感じる丼のご紹介です。
その3つの渦のような絵と交互に赤が施されているのですが、この赤は朱赤のようで真赤にも近い絶妙な色あい。
そしてその中に九谷青(緑)の点紋があしらわれ、それはまるでお料理のスパイスのように全体を引き締めています。

やわらかい曲線を描きながら下半身にかけて締まりのあるスリムなボディラインはとてもスタイリッシュで、お料理の多少を選びません。

形と絵のデザインすべてにセンスを感じる平野聖子さんの手によるオリジナルの赤絵の丼です。

 

 

品名
赤絵線紋丼あかえ せんもん どんぶり
品番号
1-3954
サイズ
直径18cm×高さ9.5cm
重量
550g
容量
1000cc
価格
3,600 (3,888円 税込)
商品特性上、サイズ・容量・重さに多少の誤差がございます

お取り扱いについて

電子レンジ
(温め程度)
電子レンジ
(調理)
×
食器洗い機 〇(弱) 乾燥機
オーブン × 直火 ×

肌ざわり

なめらか

残りあと6個以上です

素朴でエキゾチックな赤絵のテイスト

筆の勢いを感じる渦のような赤絵は和モダンとも言えますが、私はどこかしらエキゾチックな雰囲気を感じます。またこの絵に同じものはなく、お届けした器ひとつの絵はあなたのだけのものとなります。その渦の絵の横に施された赤もあえて濃く均一にはデザインしていません。 器の素地に染み込む様子や筆の跡をあえて残してどこかしら素朴な雰囲気を醸しだしていますね。 スタイリッシュでもどこかしら素朴な優しさが魅力の丼。使う楽しさを感じさせてくれる和食器です。

お料理の量を選ばないスリムなデザイン

丼を使っていて、大きすぎたり小さすぎたりしたご経験はありませんか?

このページの盛り付け写真の麺類は丁度1人前を使っています。 ご覧のように丼のフチのラインからかなり下ですが、それほど違和感は感じません。 むしろ内側の白い粉引と赤いラインが額縁効果でお料理を引き立たせてくれます。
それに対してご飯ものは、意識的にあえてたっぷりと盛り付けていますが、いかがですか?

麺・ご飯に限らず、お料理をたっぷり召しあがる時も、ひかえめに召しあがる時も楽しく使えるデザインなのです。

赤絵線紋丼の和食器コーディネート

赤絵の器で華ある麺テーブル

少し春っぽい雰囲気でテーブルメイクしてみました。 同じ赤でもトーンの違うものを使って、赤絵とは相性が良い緑の織部をセンターに。 ちょっとウキウキするコーディネート、といったところでしょうか。

赤絵紅花箸置き 刷毛本漆塗り箸

赤絵朱巻小湯のみ

赤絵花舞輪花豆皿 織部たわみ長角皿

たっぷりいただく天丼

もちろん少量でもしっかり見映えよくいただけます。 今回は一例としてたっぷりな量を盛り付けてみました。 こちらも相性のよい織部の豆皿(醤油皿)を横に添えてみました。 色だけではなく形の相性もご覧ください。 お箸置きにはちょっと対照的なゴツとしたものを選んでいます。

削り漆塗り箸 木灰釉箸置

織部醤油皿ビーンズ

手仕事でセンスよく創られた赤絵の丼を通販で大切にお届けします。

どんな事でもご質問大歓迎!店主や女将にお聞かせください


同じイメージの和食器

SAME TYPE ITEM

同じ大きさや形の和食器

SAME SIZE ITEM

赤絵線紋丼

あかえ せんもん どんぶり 3,600 (3,888円 税込) 残りあと6個以上です

お買い物ガイド

SHOPPING GUIDE

商品検索

PRODUCT SEARCH

カテゴリーで選ぶ

CATEGORY

色で選ぶ

COLOR

価格で選ぶ

PRICE

シーンで選ぶ

SCENE

サービスメニュー

SERVICE
和食器コーディネートのコツ 店主の和食器つれづれ話 女将のおもてなし

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

和食器の様々な知識やコーディネートのコツなど、店主と女将がクスッと笑える内容でお送りいたします。

月1〜3回の不定期発行で、時にはつい力が入ったり誤字脱字もなんのその。和食器に興味をお持ちの方々の知的好奇心にお応えしています。ぜひ登録ください!

空メールでのご登録はこちら

営業カレンダー

CALENDAR

実店舗のご案内

REAL SHOP INFO 実店舗のご案内 営業時間: 11:00~17:00
あくまで目安です。
状況により異なります。
閲覧履歴 × 閉じる

閲覧履歴 閲覧履歴