大人の和食器屋さんすい
Amazon Payでお支払いいただけます

辰砂ゆらぎリム浅小鉢

しんしゃ ゆらぎりむ あさこばち

辰砂(しんしゃ)ルージュをまとったリムの直線に、思わずため息する小鉢 ひと目見て心ゆらぐ和食器です

作り手に「ジャジャ馬🐎」と言われるほど発色が難しい辰砂秞。難しさゆえに独特の美しい赤は、長く人々を魅了してきました。その妖艶ともいえる「辰砂ルージュ」にゆらぐ曲線の美しさを加えた小鉢、盛り付けられたお料理やデザートを取り囲み、イキイキと踊るように揺らぐリムの表情に思わず見惚れる小鉢です。

 

品名
辰砂ゆらぎリム浅小鉢しんしゃ ゆらぎりむ あさこばち
品番号
1-4095
サイズ
直径14㎝×高さ4㎝
重量
200g
容量
200㏄
価格
1,600円(1,760  税込)
商品特性上、サイズ・容量・重さに多少の誤差がございます

お取り扱いについて

電子レンジ
(温め程度)
電子レンジ
(調理)
×
食器洗い機 〇(弱) 乾燥機
オーブン × 直火 ×

肌ざわり

なめらか

残りあと6個以上です

形デザインの魅力

踊るゆらぎ

緊張感のある直線的なデザインも良いのですが、毎日のテーブルで楽しむのならリラックスできる曲線の和食器の方に魅力を感じます。さらにこの小鉢のリムのように、規則的ではない手仕事ならではのゆらぎに惹かれるのは私だけでしょうか。

使える深さ

浅い皿ですと、薬味やお漬物など用途は比較的に限られてきますが、4cm弱の深さのある小鉢にするとご覧のようにお料理やデザートなどにバリエーションが随分と広がります。

エッジのライン

しまりあるデザインに

ご覧の通り、横から見るとリムの美しい揺らぎがとてもよくわかります。よく見ると、エッジにはグレイの窯変(ようへん)が伸びていてこれが線となり魅力的なゆらぎをさらにわかりやすくしています。 また全体的にしまりあるデザインにしている印象ですね。

優しいグラデーション

とは言え全体の印象が柔らかいのは、リム自体の進の揺らぎもさることながら、このよう線が筆などでハッキリと描かれたものではなく釉薬の濃淡によって起こるグラデーションを伴ったものであることも寄与していると思います。

辰砂の魅力

危うさからの美

辰砂(しんしゃ)秞は銅を主成分とする釉薬で、これは美しい緑の発色をともなう織部秞とほぼ同じ成分で、焼き方の違いで色は全くかわります。
酸素を十分に行き渡らせる比較的安定した酸化焼成ですと織部秞の緑色。対して酸素が少なく不安定な還元焼成ですと美しい辰砂ルージュが現れます。ただ不安定なぶんだけ全体を均一な色味にするのはほぼ不可能で、辰砂と名乗る多くの器がマダラ模様である事がその難しさ危うさを物語っています。

窯が生み出す絵

この小鉢をよくご覧いただくと、内外の赤色の中に微かにグラデーションが入っていたりグレイの窯変を見ることができます。前述したエッジのグレイの線周りにも同じく軽いグラデーションを見ることができます。人がジャジャ馬な釉薬を操りながら窯の女神と一緒に描く絵と言えるのではないでしょうか。

この小鉢の和食器コーディネート

ゆったり時間のフルーツ&チョコ

主役はピーチプディングなのですがイチゴをトッピングしてちょうどよいくらいの十分な容量があります。 同じ赤系の器ばかりでなく磁器も仲間にしてみました。 この浅小鉢のテイストが滑らかなせいでしょうか、違和感なく収まっています。 やはり赤は気分高揚に役立つと思いました。

海と山の幸を感謝とともに

特に代謝が衰える中高年ともなると「一汁一菜」が理想と昔からの友人は言いますが、それじゃぁね・・・。 というわけでせめてお魚を一切れとお野菜は多めに。 このテーブルもあえて様々な色の和食器を使っていますが、あなたの印象はいかがですか? 飴釉の小皿は、同じテイストで、他は赤つながりという事で。

辰砂ルージュな小鉢で、あなたのテーブルを華やか元気に。 キュートな和食器を通販で大切にお届けします。

どんな事でもご質問大歓迎!店主や女将にお聞かせください


同じイメージの和食器

SAME TYPE ITEM

同じ大きさや形の和食器

SAME SIZE ITEM

Reviews

まだレビューがありません。

最初のレビューをお書きください。 “辰砂ゆらぎリム浅小鉢”

辰砂ゆらぎリム浅小鉢

しんしゃ ゆらぎりむ あさこばち 1,600円1,760  税込) 残りあと6個以上です

お買い物ガイド

SHOPPING GUIDE

商品検索

PRODUCT SEARCH

カテゴリーで選ぶ

CATEGORY

色で選ぶ

COLOR

価格で選ぶ

PRICE

シーンで選ぶ

SCENE

サービスメニュー

SERVICE

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

和食器の様々な知識やコーディネートのコツなど、店主と女将がクスッと笑える内容でお送りいたします。

月1〜3回の不定期発行で、時にはつい力が入ったり誤字脱字もなんのその。和食器に興味をお持ちの方々の知的好奇心にお応えしています。ぜひ登録ください!

空メールでのご登録はこちら

営業カレンダー

CALENDAR

実店舗のご案内

REAL SHOP INFO 実店舗のご案内 営業時間: 11:00~17:00
飲食・宿泊施設の皆様へ
あくまで目安です。
状況により異なります。
閲覧履歴 × 閉じる

閲覧履歴 閲覧履歴