大人の和食器屋さんすい
Amazon Payでお支払いいただけます

飴釉八角平取り皿

あめゆう はっかく ひら とりざら

パン皿やケーキ皿そして普段のおかずの器として、ノスタルジックな雰囲気が魅力の使いやすい八角形の取り皿です

どこかしら異国情緒を感じるのは、ヨーロッパの看板の美しさに触発されたというデザインからでしょうか。
歴史的にも古い釉薬である鉄釉の一種である飴釉の色合いのせいでしょうか。
いずれにしても「洋」の雰囲気を持ちながら懐かしさも感じる和食器の取り皿です。
その雰囲気をいかしてのパンやケーキのお皿として魅力的なのですが、ページでも紹介しているようなごく普段のおかずを盛り付けてもちゃんと絵にしてくれる。 そこにはちょっとした秘密もあります。 工藤晃一氏の手によるノスタルジック感あふれる取り皿です。

品名
飴釉八角平取り皿あめゆう はっかく ひら とりざら
品番号
1-3987
サイズ
最大直径18cm×高さ2cm
重量
300g
価格
2,500 (2,700円 税込)
商品特性上、サイズ・容量・重さに多少の誤差がございます

お取り扱いについて

電子レンジ
(温め程度)
電子レンジ
(調理)
×
食器洗い機 〇(弱) 乾燥機
オーブン × 直火 ×

肌ざわり

なめらか

残りあと6個以上です

お皿とお料理の為のデザイン

お洒落な八角形のお皿

種類は角皿ですが、八角形というむしろ円に近い形デザインは丸皿より少しお洒落な雰囲気、そして四角や六角形よりはやや優しいイメージですね。 確かにヨーロッパの看板のようで、このまま掛けてあっても違和感ないように感じるのは私だけでしょうか。 また、八角形は縁起のよい形として古くから好まれるとも聞き及びます。

奥行を感じるリムはお料理の為

リムの部分をご覧いただくと視覚的には三段に見えます。このデザインが取り皿全体に奥行を持たせて、お料理を美しく見せてくれます。 絵画の額縁にもよく使われるデザインでもあります。 主役は絵ではなくお料理という違いだけですね。

釉薬による濃淡の美しさ

その八角形の形だけではなく、フラットな部分は石目と言われる釉薬による濃淡のデザインが施されている事で、ヨーロッパの石畳を連想させます。これは釉薬のほんの少しの厚さの違いが濃淡に如実にあらわれる飴釉の特徴をいかしたもので、実際に触れてみてもその凹凸はほとんど感じられず滑らかです。
また、リム内側にはご覧のようにかすかに乳白の窯変も見えて、ここは土物和食器の美しさを見る事ができます。裏も飴釉と同類の鉄釉を施して楽しませてくれます。

機能的なデザイン

エッジ下にデザインの秘密あり

このようなリムが比較的短いお皿は、とかく持ちにくくお料理が運びにくい事が多いのですが、この取り皿は不思議に持ちやすいのです。 その秘密はこの裏の折り返し。 この折り返しを作る事でとても持ちやすく機能的で使いやすくなっています。

抜群の収納性

元々重なりのよいデザインではありますが、この折り返しも手助けしてさらに収納性抜群で、10枚程度重ねても重ねた高さが約10cm程度で超安定しているという優れものです。

この取り皿の和食器コーディネート

ヘルシーブランチは和食器で

パン皿としては申し分なく、パンと同系色ながら色映えもナカナカのものでした。 ロールパンはさらに映える思います。 お野菜にビーフにパンにヨーグルトにはドライフルーツ。 これに野菜ジュースなど加えてダメ押しといったところでしょうか。 パンは無添加全粒粉、美味しいかどうかはご存じの通り(笑)

黄瀬戸長角皿

萩焼木立のフリーカップ(近日公開)

みずあわ梅酒グラス(ヨーグルト)

飴色バターナイフ

田舎料理ですがナニか

これ実はちょい恥ずかしいリアルな私共の食事に近いメニューです。 お魚はカロリーひかえるためにフライではなくバジルソースのソテーに煮物という和洋の取り合わせ。 ナンじゃコリャという私のつぶやきに女将が返した答えが「田舎料理ですがそれがナニか?」

織部鉄絵丸大皿

鉄織部茶碗

削り漆塗り箸

胡桃の箸置ノーチェ

お料理映え確かでどこかしら懐かしい薫りがする角皿をあたなの食卓に
通販で大切にお届けします。

どんな事でもご質問大歓迎!店主や女将にお聞かせください


同じイメージの和食器

SAME TYPE ITEM

同じ大きさや形の和食器

SAME SIZE ITEM

Reviews

まだレビューがありません。

最初のレビューをお書きください。 “飴釉八角平取り皿”

飴釉八角平取り皿

あめゆう はっかく ひら とりざら 2,500 (2,700円 税込) 残りあと6個以上です

お買い物ガイド

SHOPPING GUIDE

商品検索

PRODUCT SEARCH

カテゴリーで選ぶ

CATEGORY

色で選ぶ

COLOR

価格で選ぶ

PRICE

シーンで選ぶ

SCENE

サービスメニュー

SERVICE
和食器コーディネートのコツ 店主の和食器つれづれ話 女将のおもてなし

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

和食器の様々な知識やコーディネートのコツなど、店主と女将がクスッと笑える内容でお送りいたします。

月1〜3回の不定期発行で、時にはつい力が入ったり誤字脱字もなんのその。和食器に興味をお持ちの方々の知的好奇心にお応えしています。ぜひ登録ください!

空メールでのご登録はこちら

営業カレンダー

CALENDAR

実店舗のご案内

REAL SHOP INFO 実店舗のご案内 営業時間: 11:00~17:00
あくまで目安です。
状況により異なります。
閲覧履歴 × 閉じる

閲覧履歴 閲覧履歴