大人の和食器屋さんすい
Amazon Payでお支払いいただけます

黄瀬戸長角皿

きせと ながかくざら

シックな渋い黄金色を連想させる色彩の黄瀬戸釉の長皿 安土桃山の風薫る和食器です

 

黄瀬戸の魅力

黄瀬戸・・・植物の灰を原料とする灰釉の中の微量な鉄分で黄色に出来上がる釉薬で、その歴史は今からさかのぼる事400年くらい前の安土桃山時代にさかのぼります。それまでの大陸からの見様見真似の陶磁器から、日本独自の土物和食器のまさに最初の施釉された焼き物なのかもしれません。

今回ご紹介する黄瀬戸長角皿は、長年にわたり意欲的に桃山時代からの技を研究研鑚されている黄瀬戸の名手:浜田純理氏の手によるものです。

黄色というと、なんだかエキセントリックな印象をお持ちになるかもしれませんが、そこはやはり日本の土物和食器。とてもシックなそれでいて明るさもある渋い黄金色を連想させる色彩です

窯変のシックな変化も魅力の長皿でひとつひとつの変化の違いもお楽しみいただければ幸いです。

品名
黄瀬戸長角皿きせと ながかくざら
品番号
1-3936
サイズ
縦13.5㎝×横29㎝×高さ3.5㎝
重量
600g
価格
5,400 (5,832円 税込)
商品特性上、サイズ・容量・重さに多少の誤差がございます

お取り扱いについて

電子レンジ
(温め程度)
電子レンジ
(調理)
×
食器洗い機乾燥機
オーブン×直火×

肌ざわり

ややざらっとしている

ご希望の商品をクリックしてカートに入れてください

解除

窯変の魅力

今回は渋い茶色の窯変(ようへん)の多いものを「A」、少ない品を「B」 AとBの中間を「通常」としてお選びいただけるようにいたしました。
全体のイメージはほぼ同じですので、個性を楽しみたい方は分けてご注文されるのもよろしいかと思います。名手と窯が創り出すこの茶色の窯変もこの長角皿の大きな魅力です。

隅々まで楽しめる色映りの面白さ

ご覧のように黄色といってもかなりシックな黄金色。 その分お料理を盛り付けた時にどこかしら華やかな美しさを感じます。
これも伝統と名手のなせる技なのでしょうか。

このページの和食器コーディネート

黄瀬戸長角皿が少し素材感がありましたので、やはり素材感などに注意してみました。お醤油さしは迷ったのですが、あえて違うテイストのガラスを入れてみました。
対照的でこれも〇でした。

どんな事でもご質問大歓迎!店主や女将にお聞かせください


同じイメージの和食器

SAME TYPE ITEM

同じ大きさや形の和食器

SAME SIZE ITEM

Reviews

まだレビューがありません。

最初のレビューをお書きください。 “黄瀬戸長角皿”

黄瀬戸長角皿

きせと ながかくざら
バリエーションを選ぶ

ご希望の商品をクリックして
カートに入れてください

解除

お買い物ガイド

SHOPPING GUIDE

商品検索

PRODUCT SEARCH

カテゴリーで選ぶ

CATEGORY

色で選ぶ

COLOR

価格で選ぶ

PRICE

シーンで選ぶ

SCENE

サービスメニュー

SERVICE
和食器コーディネートのコツ 店主の和食器つれづれ話 女将のおもてなし

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

和食器の様々な知識やコーディネートのコツなど、店主と女将がクスッと笑える内容でお送りいたします。

月1〜3回の不定期発行で、時にはつい力が入ったり誤字脱字もなんのその。和食器に興味をお持ちの方々の知的好奇心にお応えしています。ぜひ登録ください!

空メールでのご登録はこちら

営業カレンダー

CALENDAR

実店舗のご案内

REAL SHOP INFO 実店舗のご案内 営業時間: 11:00~17:00
あくまで目安です。
状況により異なります。
閲覧履歴 × 閉じる

閲覧履歴 閲覧履歴