大人の和食器屋さんすい
Amazon Payでお支払いいただけます

和食器の重なりや重さについて

和食器の重なり

重なりの良さは横からの眺めでわかる

赤絵花舞とんすいなのですが・・・

和食器屋の赤絵ラインナップの人気者です。
ただ、難点は重なり。
3つくらいが限度で4つになるとちょっと危なくなります。
どうしてでしょう?
答えは横からの眺めにあります。

 

横から見るとエッジがニュッと内側にはいっているでしょ これが曲者。
ここがひろがっているだけで重なりは良くなります。
でもね「これがあるから可愛いのよん」と女将は言います。
「重なりは横からの眺めでわかる」和食器屋通販本店のページは説明してるから必要ないんですけど・・・女将(n_n)

 

重なりの良さは高台でわかる

さてもうひとつ。(^^)こんなお皿はどうでしょう10枚くらい重ねても大丈夫じゃないかい?と思わせるほどの安定度
エッジはというと・・・ 確かに内側ではなくって外側に開いているしぃそれにしても安定している・・・

 

そうなんです、すっごく安定しています。
重いから?
ん~(^^; それもあります。
でも重なっている写真をよ~くご覧ください
皿に隙間がありますでしょ?
そうなんです、この隙間は高台(食器の足の部分)があるから、

 

だから多少のボディの角度の違いがあっても綺麗~~に重なるのであります。
「重なりの良さは高台あり」
といったところでしょうか。

 

和食器の重さ

見た目の重さは色

このお箸置、黒と白どちらが重く見えますか?

 

普通は「黒が重くみえて、白は軽く見える」というのが常識なんですが、

ん???

私と女将にはどうしてもそう見えないのです。

そう、

白の厚みや比較的鋭く見えるデザインが、いかにも大理石などの「石」を連想させるのであります。

というわけで色の明暗は必ずしも見た目の重さに比例しないという事がわかります。

私共も、お店のテーブルを重厚にフォーマルに見せたい時には、直線的なデザインを持ったお品を並べる事があります。

逆に軽やかな雰囲気を醸したい時には ゆるやかな曲線のデザインの器を多く使う事が比較的多いですね。

少しお話しが逸れましたが、

 

色だけではない見た目の重さ

一般的には濃い色、特に黒などは重く見えますし、光沢がないとさらに重く見えたりします。

また、フチの厚みが見えると無条件に重く感じます。

逆に明るい色ですと比較的軽やかに見えますが、直線的で光沢のある和食器などは大理石のような連想からか無意識に重さを感じたりしますね。

いずれにしてもテーブル全体のバランスを考えながら和食器のコーディネートをしていただければ幸いです。

それから通販では写真と文章でしか重さはわからないわけですので、重さ表示(例:350g)などをご参考に、今お持ちの和食器やガラス食器で同じ重さの物を参考にされる事をお薦めします。

 

 

 

 

 

お買い物ガイド

SHOPPING GUIDE

商品検索

PRODUCT SEARCH

カテゴリーで選ぶ

CATEGORY

色で選ぶ

COLOR

価格で選ぶ

PRICE

シーンで選ぶ

SCENE

サービスメニュー

SERVICE
和食器コーディネートのコツ 店主の和食器つれづれ話 女将のおもてなし

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

和食器の様々な知識やコーディネートのコツなど、店主と女将がクスッと笑える内容でお送りいたします。

月1〜3回の不定期発行で、時にはつい力が入ったり誤字脱字もなんのその。和食器に興味をお持ちの方々の知的好奇心にお応えしています。ぜひ登録ください!

空メールでのご登録はこちら

営業カレンダー

CALENDAR

実店舗のご案内

REAL SHOP INFO 実店舗のご案内 営業時間: 11:00~17:00
あくまで目安です。
状況により異なります。
× 閉じる

閲覧履歴 閲覧履歴