大人の和食器屋さんすい
Amazon Payでお支払いいただけます

萩焼窯変飯碗

はぎやき ようへん めしわん

魅惑のピンクは窯の女神の贈り物、おとな色の飯碗、贈り物にもぜひお薦めの和食器です

まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛の 花ある君と思ひけり やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは 薄紅(うすくれない)の秋の実に 人こひ初めしはじめなり・・
ご存知「初恋」の一節ですが、まるで若い二人が初めて手を触れてポッと染めたその頬の色、そんな表現がピッタリの飯碗です。その桃色の模様は窯任せ。 おとなの女性に贈りたい和食器です。

お遊びで抹茶碗として使われても素敵ではないでしょうか。

重さは約150~200g弱、軽めのご飯茶碗です。 見た目はザラついていますが、触感は滑らか。 当初のテカリは長いご使用で徐々に消え、シックな素敵な風合いに変化してきます。

日本の土物和食器の代表ともいえる飯碗を通販で大切にお届けします。

 

品名
萩焼窯変飯碗はぎやき ようへん めしわん
品番号
1-3113
サイズ
高さ5.5cm×口径11.5cm
重量
約150g
容量
約200cc
価格
1,800 (1,944円 税込)
商品特性上、サイズ・容量・重さに多少の誤差がございます

お取り扱いについて

電子レンジ
(温め程度)
電子レンジ
(調理)
×
食器洗い機 〇(水流弱) 乾燥機
オーブン × 直火 ×

肌ざわり

なめらか

残りあと5個です

土物和食器ならではの魅力

窯変(ようへん)は窯ごとに変わります。
このお茶碗は、使っているうちに貫入(かんにゅう:表面のひび)からお茶の色素が染み込んでひび割れ模様を作り出します。
茶道では、これを風情として楽しみますが、あらかじめ水に付けておく事である程度防ぐ事ができます。
これも土物和食器の魅力のひとつとして楽しんでいただければ幸いです。

左:萩焼窯変飯碗・左3番目萩焼白掛飯碗
和食器屋の萩焼飯碗二種 お揃いでお薦め!

ご贈答にもお薦めの飯碗

萩焼ならではの土味のすばらしさに、落ち着いた桃色の窯変が入って、優しさと可愛いらしさが器全体に感じられる飯碗です。

別ページの萩焼白掛飯碗とペアで夫婦茶碗としても素敵です。 この窯変飯碗が白掛飯碗よりほんの少しだけ小ぶりです。

向かって左側:萩焼窯変飯碗
向かって左から3番目:萩焼白掛飯碗

萩焼き独特の高台の切れ込み

萩焼の茶碗には高台(こうだい)と呼ばれる器の足の部分に切り込みを入れたものが多く見られます。これは「切り高台」と呼ばれ、萩焼の特徴のひとつとされるものです。

高台には器を支える・熱さが直接伝わらないようにするなど大切な機能があります。抹茶碗においては高台は器の鑑賞の重要なポイントでもあるそうです。
いろいろな高台にも注目すると、より楽しい器選びができるかもしれませんね。

どんな事でもご質問大歓迎!店主や女将にお聞かせください


同じイメージの和食器

SAME TYPE ITEM

同じ大きさや形の和食器

SAME SIZE ITEM

Reviews

  1. こんにちは。
    先日、お茶碗とマグカップ等購入させて頂きました。
    細い説明で安心して購入することが出来ました。
    届いたお品達はお写真通りで見た途端、器のフォルムと質感にちょっと感動して不覚にも涙が浮かんでしまいました。
    マグカップは客用に買ったつもりでしたが、いつ来るかわからないお客様のために棚に閉まっておくのは勿体なくて自分用に変えました(笑)
    お茶碗も小学生の娘と自分用に使わせて頂きます。
    今度は主人と息子の茶碗を頂きたく先程注文させていただきました。
    うちの食器棚の全てをさんすいさんの器たちにしたいくらいです。
    たまたま見つけたさんすいさんのサイトでしたが出逢えて良かったです。
    これからもよろしくお願いします。

    • さんすいからお届けする荷物を開けていただくと「幸せをそえて」と文字が見えると思います。お顔を拝見しながら直接お手渡しできない通販だからこそ、お届けした和食器やガラス食器たちが小さな「幸せ」の種となってくれるようにとの想いからです。 今回E様の綺麗な目を潤ませていただいた事も、きっとその「幸せ」のひとつだと身勝手に思って、明日からの大切な心の糧とさせていただきたく存じます。 お知らせいただいた事に重ねて感謝申し上げます。
      そういえば高校野球の季節なんですが、あれはもう目頭が熱くなってしまっていけません。しょっちゅう目を赤くして女将から笑われています。最近は子供たちのガタイが大きくなりすぎたのがちょっと興冷めするのですが・・・。まぁ野球に限らず一生懸命な姿は本当に感動の涙を誘います。  ってアラアラ(^^; 何の話だか・・・
      今回頂戴した「いつ来るかわからないお客様のため」というお言葉、実はとても意味深いのではないでしょうか。 「使ってこその器」 時代の変遷を経て父より二代にわたって貫かれているさんすいの静かな思いなんです。 もちろん飾る為に作られた品は飾ってこそのお品。いずれにしても倉庫や食器棚にしまわれている間はただの無機質な物という考え方です。だからご来店くだすったお客様にもあまりセールストークはしません。逆に「本当に愛して使ってくださいますか?」と心で問いかけながらご説明します。
      というわけで、今回の器がご自身と可愛いお嬢様用になりました事、心より嬉しく存じます。
      頂戴しましたご縁をこれからもさらに大切にさせていただきたく精進してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

レビューを追加する

萩焼窯変飯碗

はぎやき ようへん めしわん 1,800 (1,944円 税込) 残りあと5個です

お買い物ガイド

SHOPPING GUIDE

商品検索

PRODUCT SEARCH

カテゴリーで選ぶ

CATEGORY

色で選ぶ

COLOR

価格で選ぶ

PRICE

シーンで選ぶ

SCENE

サービスメニュー

SERVICE

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

和食器の様々な知識やコーディネートのコツなど、店主と女将がクスッと笑える内容でお送りいたします。

月1〜3回の不定期発行で、時にはつい力が入ったり誤字脱字もなんのその。和食器に興味をお持ちの方々の知的好奇心にお応えしています。ぜひ登録ください!

空メールでのご登録はこちら

営業カレンダー

CALENDAR

実店舗のご案内

REAL SHOP INFO 実店舗のご案内 営業時間: 11:00~17:00
あくまで目安です。
状況により異なります。
閲覧履歴 × 閉じる

閲覧履歴 閲覧履歴