大人の和食器屋さんすい
Amazon Payでお支払いいただけます

織部鉄絵丸大皿

おりべ てつえ まる おおざら

織部が醸し出すその表情とデザインは「和」、そこへ鉄絵が加わる事で少しモダンな味付けの大皿になりました

和皿の魅力そのままに、どこかしら洗練された雰囲気を持つ織部鉄絵シリーズの大皿です。 大きいだけにその織部釉特有の大胆な表現が際立ち、釉薬の濃淡は素地の細かなおうとつや中心部分の釉薬だまりなどを表情豊かに表現しています。 それだけでも十分に魅力のある大皿なのですが、さらに片側のエッジに描かれたややエキゾチックな鉄絵によって本来の和の魅力に「モダン」という味付け。

器そのものが持つ織部やその形の魅力にまるで浮き立つようなお料理映え・・・。和モダンなデザインでは他の追随を許さないほどの魅力あるこの大皿、棚橋淳さんの手による、手許に置いて末永く使いたくなる和食器です。

品名
織部鉄絵丸大皿おりべ てつえ まる おおざら
品番号
1-3978
サイズ
直径22.5㎝×高さ3㎝
重量
700g
価格
4,500 (4,950円 税込)
商品特性上、サイズ・容量・重さに多少の誤差がございます

お取り扱いについて

電子レンジ
(温め程度)
電子レンジ
(調理)
×
食器洗い機 〇(弱) 乾燥機
オーブン × 直火 ×

肌ざわり

なめらか(鉄絵部分はざらっとしている)

残りあと5個です

織部の魅力を存分に

織部釉の持つ濃淡とお料理映えの魅力をご堪能ください

立体感を存分に楽しむ織部釉

織部釉は、その釉薬の厚みで濃淡がわかりやすいために。器の素地の立体感がそのまま濃淡として表現されれやすいという素晴らしい特徴があります。 エッジからの比較的明るい緑の中には、素地そのものが持つ細かなおうとつが作るひとつひとつの個性ある表情がみられ、さらに中心部は釉薬が溜まるために深淵な緑を愉しむ事ができます。

織部に浮き立つお料理やデザート

その複雑なグラデーションの中にお料理を盛り付けてみると、それはまるで「浮き立つ」という表現さえ十分には感じられないほど。その絶妙な光沢も相まってお料理を湖面に押し上げる魔法のキャンパスのような存在のよう。

鑑賞しているだけでも楽しい大皿

ページの多くはお料理を盛り付けて素敵な姿を見せてくれていますが、ただこのお皿だけを見ていても十分に楽しめる程の魅力にあふれています。 織部釉と素地の創り出す小宇宙がに鉄絵が結界をつくるように描かれ、裏では同じようにその宇宙が拡がっています。

織部のグラデーションにご注目ください
形はすべて違いますが、センスが問われる部分でもあります。ひとつひとつの微妙な違いを愉しむ事ができます。
織部と鉄絵が結界を創るようにデザインされています。

和モダンでナチュラルなテイストの大皿

手仕事ならではのエッジや、ひとつひとつ丁寧に描かれた鉄絵が「ナチュラル和モダン」を演出しています。

魅惑するエッジのテイスト

手仕事ならでは魅力のひとつにエッジの表情があります。 ただ丸くなく変化に富んだデザインの大皿はいくらでもありますが、この個性ある細かで複雑なエッジの表情は手仕事ならではの産物。「格の違いはエッジでわかる」と言われるゆえんです。

和モダンを演出する鉄絵

この大皿の大きな魅力はこの鉄絵。これまでご説明してきた織部が紡ぐ微妙で大胆でもある表情だけでも十分ではあるのですが、この鉄絵はその和の魅力をそれだけで終わらせる事なくモダンな味付けをしてくれます。

異色なものを組み合わせるのではなく、織部の緑との相性の良い褐色の鉄を使い、その模様は葉脈を思わせる丁寧でナチュラルな魅力あるものです。

森の緑・褐色の幹そして息づく葉々たち。 この大皿を眺めていて引き付けられるのは、そんな懐かしい森の薫りを感じるからではないでしょうか。

この大皿を使った和食器コーディネート

日常にこその大皿

コーディネートと言えるほどの数はありませんが、相性だけでもご覧ください。
お料理浮き立つ秘密のひとつがこの光沢なのですが、それがガラス食器との相性をよくしています。お茶碗とお箸置きは自然な灰釉の緑。地味に落ち込まないようトマトやお箸で赤のスパイス。 赤の豆鉢を使わなかった事を実は後悔していますね(笑)

みずあわスタンドビールグラス 萌黄釉茶碗

削り漆塗り箸 粉引き角箸置き(灰釉の緑と粉引です)

少しだけ贅沢なティータイム

大切な人との何気ない大切な時間を少しだけ贅沢な和食器でといったところでしょうか。 様々な配色で愉しむのが和食器コーディネートのだいご味なのですが、今回は赤と黒も入れてみました。いかがですか? 違和感なくむしろ面白く収まっていると思います。

古瀬戸コーヒーカップセット

カービングスプーン 大  黒荒目箸置き

みつあしケーキフォーク

どんな事でもご質問大歓迎!店主や女将にお聞かせください


同じイメージの和食器

SAME TYPE ITEM

同じ大きさや形の和食器

SAME SIZE ITEM

Reviews

  1. 注文したお皿をやっと使ってみました。
    豚肉の紫蘇チーズ挟みとサラダを添えて。
    織部と茶色のお皿のどちらも使いましたが、緑色からは華やかさを、茶色からは温かみを感じました。
    娘がこれいいね!ととても気に入った様子で食事をしてるのを見て、お皿の力って凄いなぁと改めて感じました。
    自分に愛着を持ちながら過ごすように、このお皿達にも愛着を持ちながら、納得のいくお仕事をしてもらえるよう大切に扱って行きます。  《大阪府 O様》

    • ●和食器屋店主より
      O様、ありがとうございます。古瀬戸大皿もお使いいただいてのご感想かと存じますが、どちらもその実力は十分な大皿たちですね。不思議なもので研鑚を重ねて手をかけて創り上げられた和食器は、手に取った時や実際にテーブルに並べられた際に圧倒してくる力強さを感じます。今回頂戴したお便りにそれを思い出しました。
      お母様そしてお嬢様にも拍手したい気持ちを抑えきれません。
      和食器の魅力は、当たり前なのですが眺めるだけの美術品とは違う使う楽しみがある事です。 盛り付けられたお料理やたの器やカトラリーとのコーディネートによってさらに面白く変化していきます。 長い付き合いの友人や恋人や連れ合いがふと見せる新鮮な表情やしぐさなどに思わず微笑んでしまう事ってないですか? お皿などの食器にはお食事のたびにそんな楽しみが無限にあります。どうぞ末永く沢山お楽しみいただきますよう。 もう一度、心より感謝申し上げます。

レビューを追加する

織部鉄絵丸大皿

おりべ てつえ まる おおざら 4,500 (4,950円 税込) 残りあと5個です

お買い物ガイド

SHOPPING GUIDE

商品検索

PRODUCT SEARCH

カテゴリーで選ぶ

CATEGORY

色で選ぶ

COLOR

価格で選ぶ

PRICE

シーンで選ぶ

SCENE

サービスメニュー

SERVICE

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE

和食器の様々な知識やコーディネートのコツなど、店主と女将がクスッと笑える内容でお送りいたします。

月1〜3回の不定期発行で、時にはつい力が入ったり誤字脱字もなんのその。和食器に興味をお持ちの方々の知的好奇心にお応えしています。ぜひ登録ください!

空メールでのご登録はこちら

営業カレンダー

CALENDAR

実店舗のご案内

REAL SHOP INFO 実店舗のご案内 営業時間: 11:00~17:00
あくまで目安です。
状況により異なります。
閲覧履歴 × 閉じる

閲覧履歴 閲覧履歴